会長挨拶

クラブ会長の計画及び目標

会長 豊泉 君代

  【2018-19年度 RI年次 テーマ】

  

  ROTARY:Be the Inspiration
「インスピレーションになろう」

  

  高崎シンフォニーロータリークラブ 会長 豊泉 君代

 本年度RI会長のバリー・ラシン氏は「インスピレーションになろう」というテーマを掲げられました。鼓舞する人になろう、心を奮い立たせる人になろうという意味だと思います。特にthe という冠詞が入っている事で、ロータリアンに呼びかけていることが分かります。ガバナーは地区役員と一致協力して、地区のロータリアンのインスピレーションになり、会長はクラブのインスピレーションになり、クラブ会員は地域社会や家庭においてインスピレーションになりなさいと解釈できます。

これを受けて、2018—2019年度RI2840地区 宮内 敦夫ガバナーは「クラブを元気に、世界に奉仕を、みんなで回そうロータリーの輪」を地区スローガンとして掲げました。我々ロータリアンは各自の立場で、時に「インスピレーション」になり、時に「世界に奉仕する行動人になりましょう」と呼びかけています。

さらに本年度の地区目標と数値目標を以下の如く掲げられました。
 

  1. ロータリー賞を目指そう
  2. クラブを活性化しよう(魅力あるクラブを作るために)
  3. ロータリーは自己形成である
  4. 地区、クラブのビジョン(戦略計画)をもとう
  5. 公共イメージと認知度の向上を計ろう
  6. ロータリー財団の補助金を活用して、地域社会、世界に奉仕しよう
  7. 2840地区の数値目標を達成しよう
    ・会員増強;地区目標110名、クラブ目標、会員数の5%以上
    ・ロータリー財団寄付150ドル以上 メジャードナー5名以上
    ・ポリオ寄付30ドル以上
    ・米山奨学金寄付16000円以上
  8. 地区大会は地区の総会であり、祭りです。全員が参加しよう
    2018年10月7日(日)於 館林文化会館
  9. 地ロータリーデイ(Rotary Day)を開催しよう
  10. I.M (Intercity Meeting)を開催し私達の未来を語ろう
    高崎シンフォニーロータリークラブは1995年に創立し、今年で23年目になります。25周年式典も近づいています。この間、国内においては神戸東灘ロータリークラブと友好クラブになりました。さらに今年は宮内ガバナーのスローガンをもとに、海外に友好クラブを作る予定です。そこで今年の我がクラブのテーマとして「世界に目を向けよう」と提唱したいと思います。
    RI会長の“ Be the Inspiration”をしっかり心に受け止めてこの1年間、努力を続けてゆきたいと思っています。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

     


pagetop